受験に失敗した時、どう対応する?

幼稚舎、小学校、中学、高校、大学、受験はそれぞれの年代にあります。中学までは義務教育なのでそこまでの年代で受験するかどうかはご家庭、本人の希望によりますが、いずれにしてもお子さんの試練です。ご家庭では受験に失敗しないように、できる限りの努力、バックアップをしているでしょう。 進学塾や家庭教師などの利用には経済的な負担がかなり大きく、低い年代で受験させるほど、その教育費用は大きな負担となりますが、それでも、それがお子さんの合格につながるならば!と、保護者は必死になって経済的支援を行います。またそれ以上に支援しなければならないのが、精神的な支援です。

低い年代で受験を失敗しても、次がある!!と前を向くことができるかもしれません。でも、中学、高校となるとお子さんの志望もしっかり出てきて、自分なりに努力している結果が出るわけですから、お子さんの精神的な負担も大きくなります。まして一般に最終的な受験となる大学受験に失敗したとなると、大きなショックです。人によっては人生を悲観してしまうこともありますし、自分はダメな人間だと自分を責めてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、一番身近で受験を見守ってきた保護者は何ができるでしょう。将来のために頑張ってきた、夢に向けて必死に努力してきたお子さんに対してどう対応したらいいのでしょう。当サイトは受験に失敗した時、一番近いものとして何ができるのか、どのような対応をしたらいいのか一緒に考えるサイトです。お子さんにどう対応していいか迷っている方のお力になれたら幸いです。



★関連サイト
神奈川を中心に個別指導の塾を構えている湘南ゼミナールです …… 湘南ゼミナール 神奈川